【感情会計】善意と悪意のバランスシート

財務諸表から逆算で人心を読むテクニック

スポンサードリンク

(53)~柘植久慶【逆撃】シリーズから『武田家3部作』

実はこの後【逆撃 長篠合戦】のことまで書こうと思っていたのですが、私の書くこの記事は、小説のあらすじを追うことが主題でないためここでやめておくことにします。

 

といって、逆撃シリーズにはまだ違った角度で「役立つ歴史」「活かせる歴史」の要素がありますので、他の作品でもう少し書いてみたいと思います。

 

次は『三国志』かな……。

 

魏・呉・蜀ともそれぞれ1冊ずつ、御厨が加勢して中央の覇権を目指す作品が描かれていますが、これも今回の「3部作」みたいにまとめて書けるかどうかは疑問です。

それぞれ敵側に参加するわけですからね……。

 

ちなみにこのカテゴリのタイトル「軍師じゃなきゃ意味がない」は、逆撃シリーズの著者・柘植久慶さんの作品名ではありません。あくまでも私の記事のカテゴリ名です。

この3か月ほど、ほぼ毎日のめり込んで書いてきたので、たまに自分でも錯覚します。

 

いちおう「続きもの」になっているせいか、私の記事の中でもロングテールで読まれているようです。

 

前にも書きましたが、この【逆撃シリーズ】の舞台は日本国内のほか、中国やヨーロッパにもわたっているため、その地域や時代に関心のある方にとっては新たな発見があったりして面白い作品ですので、私の記事でちょっとでも関心を持った方は、ぜひとも読んでみてください。お勧めします。