スポンサードリンク

第10回 <第3プロセス『経験知性』(1)>

尽くすタイプの人は、往々にして相手を理解してあげることが得意で、自分の意見を突き付けて相手を従わせたり、交渉して考えを変えさせることは苦手です。

しかし経験知性の段階に入ると、日頃言うことを聞いてサポートしている先輩や上司に対し、その苦手なことをしなければなりません。

<中略>

勝手知ったる仲間たちとの慣れ合いの関係では、得られる価値も高くはならないのです。

 

Wordpressで展開中の

「データベースのトリセツ~人間関係はITで改善できるか」で全文を読む

dbmschool.net