【感情会計】善意と悪意のバランスシート

財務諸表から逆算で人心を読むテクニック

スポンサードリンク

本編紹介 第5プロセス『創造性』

私は現在、プロジェクトチーム所属しています。

しかし、かなり困惑しています・・・というか、退屈しています。

 

5年前にアウトソーサーとして新規事業立ち上げスタッフに配され、単騎で顧客先への深い接触の任務を帯び、言葉どおり、何人たりとも追随できないほどの関係を築いた。

 

紆余曲折を経て開始されたプロジェクトが、今ではもはや、ただのルーチンと化している。

 

クライアントがこれだけ「テマヒマかけて、カネ掛けて」を大げさにやったからには、このプロジェクトへの投資は大きなリターンを期待しているはず。

 

それに応えるだけの成果イメージを、私は持っていました。

 

大グループにキリで穴をあけるように活動し、わずかに開いた穴にはすかさず後続部隊が飛び込み、戦果を拡大する(サービスを提供する)。

その後、築いた足場を固めるとともに、さらに高品質のサービスへブラッシュアップする。

 

自社ブランドの確立と、歴史と伝統あるシーズを活かしたソリューション営業の展開で、売上だけでなく利幅もしっかり取るための絶対的な強さを、このプロジェクトは持っている。

 

さぞかし、やりがいもあるだろうという期待がありました……が、

クライアントがイメージしているこの事業の効果は、私の成果イメージとはまったく違うものだった……。

 

プロジェクトチームの一番おいしいところ(成長期の短期決戦式)の利点が活きず、プロジェクトチームの弱点(成熟期的なマンネリ)が顕れた「ただの管理部門」になり下がった感があります。

f:id:db469buncho:20200320193506j:plain

acworksさんによる写真ACからの写真

 

チームメンバーがいかに叱咤されても、動き出してしまった後の現場対応では、企画時の重大な欠陥はカバーできない。

 

戦略の欠陥を戦術でカバーさせる無理無道な問題が起きやすい「プロジェクトチーム」。

 

この戦略策定を高いレベルでできる人とは、組織の中でどんな役割を担う立場か?
どのような実力が必要か?

 

この点について書きましたので、一度ご覧頂ければと思います。

dbmschool.net