感情会計-善意と悪意のバランスシート

財務諸表から逆算で人心を読むテクニック

スポンサードリンク

マインドマップに魅力あり!! 子供向けの本が最適な手引き

マインドマップを使っている人は、どれくらいいるのでしょうか?

 

私は「MindManager(マインドマネージャー)」という専用ツールを10年以上使い続けていますが、周囲に同じことをしている人には今のところ出会ったことがありません。

「難しいことは力まないと覚えられない」は疑わしい

f:id:db469buncho:20200501163030j:plain

RRiceさんによる写真ACからの写真

 

私が使い始めた当初と違い、今は各種ソフトや教材もかなりの点数があると思いますが、昔は関連書籍もほとんどない状態で、当時有名だったのは、考案者トニー・ブザン著の「ザ・マインドマップ」くらいです。

 


ザ・マインドマップ

買ってはみたものの、この本は難しすぎる。

 

学びたいのは「使い方」であって「理論」ではない。

手引書として、もっと適切なものがないか?

 

そう思って探していたところ、これ以上ないというほどピッタリの本を発見し、結局、この本だけでマインドマップの扱い方を習得して今日に至ります。

 

 

「for kids」というのがいい。

大人に提供しているのと全く同じものを、子供向けに作るのは難しい。

 

この本は「ザ・マインドマップ」よりも版は大きいものの、ページ数ははるかに少ない。

そして絵がいっぱい。

 

小学校の学習教科ごとの具体的な使用例が図解と共に示されており、それぞれに筋道が立っている。

見ていると頭の中で自然とストーリーが動き出す感じで「これがマインドマップの威力か」という実感が得られました。

 

ちなみにGoogleでも「MindMeister」というソフトが提供されていて、Googleアカウントがあればすぐに無料で試せるので、知らなかった方は是非体験してみて頂きたいです。

www.mindmeister.com

 

ただし、マインドマップを使い始めた多くの方が最初につまづくのは「頭では理解したが、いざ使おうとするとイメージがまとまらない」という点ではないかと思います。

 

それに対し有効だったのが、私の場合先ほどの「勉強が楽しくなるノート術」なのですが、それをベースにちょっとだけ実践してみたいと思います。

 あまり有名でない歴史の人物を描画してみる

私が好きな幕末の英雄のひとり・大村益次郎のことを、マインドマップで簡単に描画してみます。

 

が、その前に、私が捉えている大村益次郎の概略を『文章で記述』し、その思考過程をマップで見てみるという流れで書いてみます。

 

 大村益次郎(村田良庵)とは、長州藩の村医から武士に転身するという、封建制の中では極めて異例な出世をしただけでなく、江戸幕府を倒した戊辰戦争では総司令官として武士たちを使役するほどになった人です。

 

大阪の適塾という有名な私塾で、師匠の緒方洪庵について蘭学を学び、その優秀さでスカウトされて武士になるのですが、それが開明家で名高い伊達宗城(だてむねなり)が率いる宇和島藩でした。

 

宇和島で翻訳家として兵書を訳しつつ、砲台や軍艦建造に力を尽くした良庵はこの頃に「蔵六」と改名し、司馬遼太郎さんの「花神」では物語全編を通じてこの名前が用いられています。

 

また、司馬さんがこの作品を書こうと思ったきっかけであるシーボルト・イネとの出会いも、この宇和島の頃の出来事です。

 

宗城の参勤交代にお供して江戸へ出た蔵六は、ここでも才能を買われて幕府の教授機関に雇われ、自身も私塾を開くなど、教育者として充実した日々を過ごしますが、ここで彼の故郷である長州藩からのスカウトを受け、転籍を果たします。

 

すでに宇和島藩の手で武士階級に上げられていたことから、その処遇は継続し、彼を見つけた桂小五郎の引き立てによって、藩内の軍事を一変させる改革を手掛けていくことになります。

 

f:id:db469buncho:20200501164837j:plain

TECHDさんによる写真ACからの写真

 

当時は長州征伐が行われているころで、いつ戦端が開かれるかわからない張り詰めた時期。

軍制の一新や、海外の強力な武器の調達と調練は急務です。

 

なんといっても幕府は諸藩に動員命令を下しているので、やってくるのは大軍であることが予想されます。

長州1藩をもって幕府の大軍と戦うためには、海外の近代的な戦闘術を、是が非でも採り入れねばならなかった。

 

蔵六は、4方向から攻めてくる幕軍に対する手当をそつなく調え、自身も1方面の指揮官として前線に出陣。

敵の名城を陥落させるなどの武功をあげ、戦いは長州藩が勝ち、いよいよ歴史の大転換へと駒を進めます。

 

新政府軍の一員となった長州藩は、討幕側の諸藩と連合して旧幕軍と戦いますが、この戦争の司令官に蔵六が抜擢されます。

 

当時の維新志士筆頭だった西郷隆盛に追従しなかったことから、薩摩藩の海江田信義などと強い軋轢を生んでしまい、戊辰戦争勝利後に、今度は日本国家の兵制を調えるべく精力的に活動するさなか、刺客に襲われて恩師・緒方洪庵に教えを受けた大阪で息を引き取ります。

 

刺客に襲われたのは京都ですが、当時の京都の治安維持に任じていたのはほかでもない、蔵六と最も激しく衝突した海江田信義であり、しかも海江田には襲った刺客たちとの付き合いがあったことなどから、この事件は様々な疑惑を生みました。

 

また、戊辰戦争後の兵制論争では大久保利通と真っ向から対立する主張をし、敗れます。

その後日本の軍制は紆余曲折のうえ、結局は蔵六の主張した方向へ変わっていくので、それを完全否定する大久保が主流となる薩摩藩が、維新が成った日本にひと悶着を起こすことを予見したという見方があります。

 

政権は江戸へ遷都したというのに、主な軍事拠点を京阪に集めたのは、後の西南戦争を見越していたとする考えが現在でも多くあり、司馬さんの「花神」では、蔵六と西郷は歴史的に相討ちをしたと表現しています。

 

享年は46歳。

元来粗食で質素な生活を心がけ、襲撃を受ける直前まで活発に行動していたことから、事件がなければその後もまだまだ活躍したことでしょうが、残念なことになったものです。

f:id:db469buncho:20200501165939j:plain

ジルバーナーさんによる写真ACからの写真

 

と、長々と書いてきましたが、この文章だけを読んでも大村益次郎のイメージはしづらいですよね。

歴史に興味が無い人がこれを読んだとしても、ほとんど記憶にとどめずにスルーすると思います。

 

また、書く側にしても、好き放題に書くならともかく、もしも「他人が読んでわかりやすい文章を」と言われて書かされるとしたら、まとめるのも一苦労でしょう。

 

そんなときに、マインドマップをどう活かすか?

それを、次回やってみたいと思います。