感情会計-善意と悪意のバランスシート

財務諸表から逆算で人心を読むテクニック

スポンサードリンク

ファスティング回復期を過ぎた男の食事

5月2日~4日まで3日間の絶食期を終え、5~7日までの回復期3日間が終わり、本日の食事はと振り返ってみます。

 

朝:自家製甘酒(お米の形がまだまだ残っていて、ちょっとしたおかゆ状態)

昼:バナナ2本(職場にて)

夜:和食(おかゆ、糠漬け、キムチ、ひじき煮物、新じゃが煮っ転がし)

 

f:id:db469buncho:20200508214351j:plain

糠漬けは、近所にある老舗の漬物屋で買った、大根とカブの古漬けです。

糠自体が美味しくて、そこによく漬かった野菜がムチャクチャ美味しい。

 

キムチは、国産白菜に、漬け材料には添加物フリーのもの。

f:id:db469buncho:20200508214739j:plain

 

この2種類の漬け物で、植物性乳酸菌が大量に摂取できたはず。

ファスティング直後は腸内細菌が減って(エネルギー供給が無いため)、仮にそれまでの腸内バランスが悪かったとしても、絶対数が少ないので、直後にちょっとした食事の工夫で善玉優位にコントロールしやすいのが魅力です。

 

 

今日は納豆と味噌汁はお休み(というか、それまで食べたら苦しくなる)。

「まごわやさしい」でいうと、今日は「わやい」ですね。「海藻、人参(ひじきと煮た)、ジャガイモ」で。

 

f:id:db469buncho:20200508215711j:plain

野菜や海藻類が美味しすぎて、今のところ肉はまだ体が欲していないようです。

 

男性にしては食が細いかもしれませんが、別にどこかが悪いわけではなく、元々です。