【感情会計】善意と悪意のバランスシート

財務諸表から逆算で人心を読むテクニック

スポンサードリンク

世相さんがコロナに感染

私のブログで度々取り上げさせてもらっている「世相のうっぷん晴らしチャンネル」の投稿者の方が、コロナ感染してしまったようです。

www.youtube.com

高熱、咳、悪寒、けいれんなどかなりつらい中、これまでの動向と現在の体調を話してくれました。

 

聞いていて特に響いてきたのが「いつ出るかわからない咳」という表現。

「咳なんて元々、いつ出るかわからないだろ?」と言われる方もいると思いますが、私はなんとなくこの状態が理解できます。

 

私は気管支が弱いので呼吸器系等に自信が無いのですが、若い頃に風邪をこじらせて歯止めが利かないほどの酷い咳症状に襲われ、しばらく苦しみました。

 

眠っている最中に自分の咳で起こされるのですが、これが辛かった。

世相さんも、眠れなくてツラいそうです。

 

眠れない=修復が充分に出来ない、ということになるので、これが続けば体に甚大なダメージが蓄積する。

 

コロナにはいろいろな症状があると言いますが、咳はほぼ共通でしょう。

眠りを妨げるほどの咳が続けば、それこそ基本疾患を持っている人への影響が大きいことが類推される。増悪して命にかかわることがあってもおかしくはない。

 

世相さんは「今のところ肺炎にはなっていないが、これで炎症を起こして肺が痛みだしたら本当にひどいことになる」と言っています。

 

ほとんど家から出ず、人との接触を避けていたようで、保健所の判断でも「感染経路不明」とのことです。

ということは、気を付けていてもかかるというレベルで、感染者数の増加により、移動そのものもリスクということが、この動画から伝わってきます。

世相さんの話は、ニュースよりもはるかに生の声として響きました。

さすがにしばらく療養に専念するそうですが、早く良くなってほしいです。

 

私の周囲には感染者はいなかったのですが、これを見ると身近に迫って来たなという印象を受けます。

 

どうか皆さま、お気を付けください。

とてもじゃないが、風邪なんかとは全く違うそうです。