【感情会計】善意と悪意のバランスシート

善と悪の差し引き感情=幸福度

議員と官僚に「困窮者」の定義は絶対にできっこない

その昔、カツカツの生活にあえぐなか、さらに20~30万円の国民健康保険の支払いを求められた私。


お金のある人にとっては20万なんてちょっと頑張ればすぐに工面できる金額でしょうが、何せ当時の私は年収100万円台・・・

blog.dbmschool.net

 

経済的に言えば、贅肉のまったくない、骨と皮ばかりの体みたいなものです。
数万円の臨時出費だって、とんでもない痛手を被る状態。

 

そんな中、20万円という負債がのしかかってきた衝撃は想像を絶するものでした。

f:id:db469buncho:20210311200030j:plain

 

 

「返せるだけの借り入れ」が最初から破たんしていることを良しとする破たん思考

 

コロナ禍で総合支援資金を借りた人は、厳しい貸し付け審査に通った人です。


つまり、相当にしみったれた国の基準を満たすほど生活に困っている人ということになる。

 

生きるだけで精一杯なほど生活力の弱まった人が、月に20万円を借り、命をつなぐ。

返せるだけの生活力が身に付く術は自己責任。

 

そもそも、その生活力が無い状態に追い込まれてしまったから貸し付けに頼ったわけで、ほぼすべての人が「返せる能力の会得」には至らない

 

貸付けが複数月になれば、その分だけきっちり掛け算されて、それが全て負債となる。

 

金持ちには絶っっ対に伝わらないニュアンス

たかだか20万円を「命をつなぐため」に借りる・・

ちょっとお金のある人には、想像はできても共感は絶対に無理

f:id:db469buncho:20210311205024j:plain

住民税非課税世帯とまでは言わないが、それに近いほど低収入の人にとっては借金20万円でも、そこそこ稼げる人が背負った負債とは比較にならないほど莫大な借金となり、覆いかぶさってくる。

 

そんな状況に陥った人の返済計画というものが、そもそも成立するのだろうかという疑念がある。

  

blog.dbmschool.net

 

カネを貸し、その一方で税金をかけ続けることに無頓着な破たん思考

 

ちなみに私は一気に生じた20万円の国保未納付金額を、数年かけて完納しました。

 

もちろん月々の納付を続ける最中も、月々新たに国保の掛金は発生する


返済額よりも発生額の方が大きいので、事実上は負債が積み上がっていく格好です。

 

救済は金額だけ決めれば良いなんて甘ったれたものではない

ここでなによりも声を大にして言いたいのが、金額はただの数値に過ぎないが、その事実を受け止めるのは心である、ということです。

 

精神がもたなければ金額の多寡にかかわらず、当事者は追い込まれていく。

f:id:db469buncho:20210311201350j:plain

結局のところ『返す力』より『容赦なく発生する税金』のほうが大きいので、生活はちっとも楽にならない。

 

常にその現実と向き合わなければならない。
私もそうでした。

 

ブラックへ勤め、耐えられず辞める弱者を責める破たん思考

当時アルバイト暮らしだった私は就職活動をし、最後にはブラック企業と言われる職場へ勤めることになりました。

 

当時はまだブラック企業という言葉が一般化されていない時代でしたので、当然私もそんな認識はなく、かなり条件が厳しい勤め先だなという感覚でした。

 

しかしそうでもしないと、アルバイト暮らしから抜け出すことはできない。

 

「バイトよりマシ」は「バイトのほうがマシ」とほぼ一緒

新たに入ったそのブラックな勤め先の給与も至って低いものでしたが、アルバイト暮らしよりは若干ましなうえ、一応正社員であることは救いでした。

 

増える一方の国保未納金額が、そこでストップするからです。

f:id:db469buncho:20210218074352j:plain

次にすべきことはこのブラックな環境の中でどうにかして収入を上げ、最後には脱出すること。

 

⇧⇧⇧⇧⇧

これが、私が苦境を脱するために必須のモチベーションでした。

 

「コロナの救済」は思っているよりも遥かに手前ですべき行為であると知れ

少なくとも救済措置というものは、上で述べた程度のモチベーションが保たれる状態のうちに行なわれることが第一の絶対条件となります。

 

既存の”困窮者概念”を使いまわす程度の力量しか持ち合わせていないにもかかわらず「我々は賢い」と学校や採用試験の成績だけで能力判断された官僚には、まずできない相談です。

 

ましてや、自ら考えたり刻苦勉励することを官僚任せにし、票取りと資金集めしか頭にないような議員には、より一層期待はできないと言わざるを得ない・・・

 

blog.dbmschool.net

  

能力が無いのだから、一律支給するのが、能無しな彼らができる唯一の仕事であり誠意である。

 

それができないのなら、次の選挙では弱い者から消えてもらうしかない。

 

在野は、それが現実なわけなので・・・