【感情会計】善意と悪意のバランスシート

善と悪の差し引き感情=幸福度

世相さん12(ピッコロ大魔王政権は、まだ終わっていない)

かつて「善人の命の保証は無いが、悪人になれば命を保証する制度がある」として、当時の菅政権でやたらと喧伝された【自己責任】を皮肉った記事を書きました。

 

こと”生存”に関する比較でいえば「弱者<犯罪者」の式が成り立つらしい。

blog.dbmschool.net

 

上の記事は、経済的に行き詰った弱者が、「このままでは死んでしまう」と罪を犯し、逮捕された瞬間から基本的人権が守られたみたいな悲しい事件があった時の話です。

 

 

【働く貧困層】を暗示させる悲しい事件

 

今回は「仕事が得られない」とか「勤め先が倒産した」といった事情とはかなり異なる『弱者』の話です。

 

しばらくぶりに【世相のうっぷん晴らしチャンネル】の動画をもとにします。

動画を見る前に、ネット記事で読んでいた事件なのですが、悲しくなります。

 

www.youtube.com

 

「稼いで納めて報われず」の苦しみ

ここで上げられているお巡りさんの生活は、「公務員だから安定している」というのが逆にキツい。

 

これならいっそ、不安定になったほうが幸せなのでは?

そう思われるほどの搾取があったらしい・・


「カイジの地下労働施設のほうがマシ」と、動画の中で世相さんは言っています。

 

カイジはペリカを受け取って缶ビールを呷ったり、焼き鳥をつまんだりできるが、このお巡りさんには、それすら許されなかった。

 

役目を果たしてくれない相手に、上前をはねられる苦しさ

私はカイジを読んでいないので詳しくは知りません。

 

それよりも、世相さんが最後に話した「人として見られていない」というフレーズのほうがピンときました。

 

このお巡りさんは、稼いだ給料を家にお金を入れるだけで、小遣いはなし。

では奥さんは家事は完ぺきにしてくれていたのかというと、どうやらそうでもない。

 

弁当は自分で手作りして毎日出勤していたという。

いやはや、まさに「タダ働き」を地でいっています。

 

どうですか?

『何事か』を暗示していませんか?

 

今、毎日ルールが変わって日本中が大混乱の「あの話題」を・・

 

給付金イベントの終わりを待つATMたち

「18歳以下10万円給付イベント」でグダグダともめ事が続いています。

 

そんな中で完全に無視されている『一方的に負担だけしている層』も、上のニュースのお巡りさんと同じくタダ働き、といった感じがします。

 

いわゆる『子無し』『独身』『18歳以上学生の親』の一団です。

収入の上限は撤廃されるようですから、金持ちはセーフゾーンに入ったらしい。

 

この哀れな人たちは今回のイベでは、”給付後の増税” からの参加が予定されているため、今は切ない思いで待機している状態です。

 

ただし、振るほどに銭が出る打ち出の小づちの期待を持たせているので、今後も毎日叩き続ければ、昨年の「全国民一律給付」も夢ではないかもしれません。

 

政府(財務省)のATM

上のニュースに取り上げられた警官の妻にとって、夫は手数料のかからないATM(Automatic Teller Machine)だったようです。

 

「人として見られていない」

 

そして、10万円の給付条件が箸にも棒にもかからない ”タダ働き層” は、政府にとってはやはりATM(Automatic Tax collection Machine)…要するに『徴税マシーン』らしい。

 

「やはり、人として見られていない」

 

コバンザメを切り捨てろ、自民党!

タバコやコーヒーを買うカネ欲しさに賽銭箱からはした金を取る行為は、【働く貧困層】のごく身近にあってもおかしくない。

 

自民党が掲げた困窮者救済策に横入りして「未来応援給付金」などと初志を曲げさせてしまった公明は、本当に余計なことをやった。

 

給付金の本質を歪め、ブレさせてしまった。

これに関しては現総理も、いい面の皮です。

 

自分勝手な都合をゴリ押しされ、自民党としても大恥をかいた。

それどころか、来年の参院選……というか、さっそく内閣支持率に悪影響を及ぼした。

 

コバンザメが行きたい方向へ進む巨大魚など、自然界に存在しない。

 

元々は敵同士だったわけだし、味方顔してここまで足を引っ張られ、迷惑をかけられたのなら、しばらく選挙がなくなる来夏の参院選を機に、手を切って海底に叩き落してやったらどうだろうか。

 

組んで利のある政党なら、ほかにもあるのだから・・