【感情会計】善意と悪意のバランスシート

善と悪の差し引き感情=幸福度

素人の国債(債務者はムダ遣いできないが、節約もできない)

「国債は『国の借金』。将来にツケを回さないため財政健全化を図り、確実に返していかなければならない」

 

この財務省の主張は、長く信じられてきた。

 

別に、アベノミクスの手により生まれた論理ではない。

2000年以前からすでにこの考えは蔓延していた。

 

中央省庁の役人だった頃の私も、まんまとこのプロパガンダを信じ込み、国債発行額が膨れ上がっていくことを気にしていたからだ。

 

 

「自分たちで減らす努力は?」という国民の声に対して各省はどうする?

「将来にわたる "莫大な借金" という不安があったのでは、消費も活発化せず、今のこの不況から脱することは難しいだろう」

 

若き日の私は、国家公務員の立ち位置から、そんなふうに考えた。

景気は ”気分” である。気持ちが萎縮していては、景気は上がらない。

f:id:db469buncho:20211219082937p:plain

『国の借金』という言葉が持つ "イメージ想起力" は非常に高い。

 

具体的にどんなことかをいちいち形にせずとも、抱いた概念だけを媒介にして、不特定多数の人と意思が通じ、一定の結果や回答、または行動へ向かわせる効果がある。

 

マーケティングとして、このフレーズはそういった力を持っている。

 

緊縮財政にしても自分たちでは『国の借金』を減らせない各省

国家公務員だった私が、自分側の立ち位置で国債残高を減らす方法として考えたのは「各省庁がムダ金を使わず、余った予算を国庫に返すこと」だった。

 

言い換えれば「節約して、不用を出す」

 

『国の借金』ならば、当然そうだろう。

 

債務者が財布のひもをガバガバにして垂れ流すなんて、正常な感覚の人間ならまず考えない。

 

「ウチの手元にあるカネなんだから、使わなきゃ”損” だ」

いや、あんた借金してる側なんだよね。

 

無理やり使うという発想には、ふつうはならないだろう。

『緊縮財政』というのは、その意味でいえば正常な考え方だ。

 

しかしこれには少なくとも二つの矛盾がある。

 

節約した分のキャッシュが民間へ流れない

国家予算の執行では、民間にお金を流すことが多い。

 

自治体への補助金や委託事業といった支出もあるが、受け取った地公体の最終支出先が民間である場合は、キャッシュが間接的に民間へ流れる。

 

地公体の中で消費され、”役務” として地域へ還元される類の支出を除いては、基本的に民間が受け手になるはずだ。

 

ということは資本の蓄積を目指すにせよ、再配分を目指すにせよ、緊縮財政は広く民間へ開かれた「国からのキャッシュフロー」の妨げになりそうな気もする。

 

当時公務員で、しかも局の会計を担当していた私は「国債残高が増えているからといって、国家が節約して不況はおさまるだろうか?」と考えていた。

 

節約して余っても、絶対に国庫へ返さない

仮に、全省庁が当初の執行計画をシビアに見直し、平均で30%の支出削減を達成できたとする。

 

全省庁平均で30%といえば、相当な金額が節約できる。

f:id:db469buncho:20211219084041p:plain

もちろん、上に挙げた一つ目の矛盾点により、節約分が民間に流れないとすればそれは問題だが、あえてそこは無視するものとする。

 

ここでやっかいなのは『不用』の問題だ。

不用とは、示達されたのに使わなかった予算のことだ。

 

不用が計上されてしまったら、翌年度の予算は削られてしまう。

「要らなかった」という判定がされてしまうからだ、財務省によって。

 

「与えたのに使わなかったのだから、当然来年もいらないだろ?」

我々が予算執行に目の色を変える最大の原因がこれだった。

 

予算が減らされてしまうと、キャリア官僚の出世に差し支える。

由々しき事態である。

 

20211206085135

各省庁は、よほど特殊な例外を除いて、不用という ”悪事” はしない。

 

もしも不注意により、逃れえぬ形で予算未消化をやらかしてしまったら、担当者はそれこそ犯罪者というほどのインパクトを生んでしまう。

 

その ”大事件” のほとぼりが冷めた後も、前科持ちのごとく、どこへ異動しても噂はついて回るだろう。

 

つまり、どれだけ節約しても各省から国庫へ返納するとは考えられない。

なんとしてでも別の事業をひねり出し、無理やりにでも自分たちで消化する

 

強引に事業を増やす過程で、必ず過重労働が起きる。

 

しかし、たとえ担当者が倒れようと、進軍する兵隊たちは銃剣(未消化予算)を倒れた者の手から引き継ぎ、自身の健康や家庭生活の安寧が脅かされても、銃剣が溶けて無くなるまでは、絶対に前進を止めない

 

子供には「自己責任という丸投げ」こそ背負わせたくない

私は単年度決算は非常に良くないと思っているが、上の事情もその理由の内だ。

(本当は他にもまだあるが)

 

単年度決算には当然メリットがあるにしても、デメリットのほうが積みあがっている。

国債残高の積み上がりよりも、むしろそのほうが将来に暗い影を落としている気がする。

 

『国の借金』を盾に、国民を危機に陥れるというのはおかしな話だと感じないのか?

 

という疑問に対しては

 

「そのとおりだ(感じない)」

 

とは、政府も財務省もはっきり言わない。

 

代わりに「自己責任」という、これもイメージ想起力満載の便利な単語を発する

 

そうして言葉の解釈は各々でマイルールを適用するように誘導すると、聞かされた側ではさっそく自己説得を始める。

 

危機に瀕している弱者ですら、一旦はパズルゲームに熱中するかのように「私の場合『自己責任』をどうやって適用しようか?」と余念が無くなる。

 

効果はてきめんだ。

 

素人だが『国の借金』というものについて考えてみることにした

そんな威力を持つ『国の借金』・・国債とはいったい何なのか?

 

わかっているようで、実は何も知っていない得体のわからぬものについて、少し調べてみたくなった。

 

しかし、学業成績もふるわず、国家公務員試験も高卒レベルで通ったノンキャリアあがりの私・・

 

国債の知識はほぼ無く、いわばまったくの素人だ。

 

そんな私が自得するとなると、かなりの自己流になるに違いない。

 

しかし、やらぬよりはマシ。

少しだけやってみようかと考えた。

(続く)