【感情会計】善意と悪意のバランスシート

善と悪の差し引き感情=幸福度

現金給付の悪用

「選挙買収?」

そう思った人が大多数であると信じたい。

そうでないなら……日本は危険だ。

 

www.fnn.jp

 

幸い、さすがにこのあからさまな集票行為は反発を呼んだ。

www.asahi.com

 

となれば、当然改まると思った。しかし・・

www.jiji.com

 

与党から  ”噴出した疑問” の内容に目を疑う。

 

「低すぎる。1万円は必要だ」

そんな理由で異議を唱えたかと思うと

 

「5000円だけとは、うちをばかにしているのか?」

と憤った人間までいるという。

 

約2年前にひと騒動あった話題を思い起こさせる。

このときも大いに呆れた。

www.fnn.jp

 

今回の5千円騒動が、2年前の状況にそのまま当てはまりそうだ。

 

「お肉券だけでは不十分だ」

「お魚券が無いなんて、うちをばかにしているのか?」

と言ってるかのように感じられる。

 

この現実感覚の無さは何なのか?

 

思い当たるのは、日本の与党は独裁政権というに値する状態になっていることだ。

長年、安定多数が続いて政権交代の危機感が無い状態でいると、与党の中には感覚が麻痺して現実感覚から離脱し、色々な物差しが狂ってしまう人間が増えてくる。

 

「低すぎる。1万円は必要だ」

と、正気を疑わざるを得ない発言をしたのは、自民党の閣僚経験者とのこと。

 

「うちをばかにしているのか?」

と、それこそばか丸出しの発言をしたのは、公明党関係者。

 

いずれも与党。

外野みたいな立ち位置にいた輩ではなく、長期にわたって政治の中枢にいた人間ということだ。

 

なのに、なんだこれは?

この連中の経済感覚、金銭に対する感度は、最近接したある報道に似ている。

 

nordot.app

 

手前勝手な理屈が、外界に通用すると思っているからこその意思表明。

お肉券やお魚券が通用すると考えるのと、本質的に同じではないか。

 

「日本も他人事じゃない」

という言葉を最近よく目にするが、たしかに他人事じゃない気がして、そっちの意味でも怖い。