【感情会計】善意と悪意のバランスシート

善と悪の差し引き感情=幸福度

議員勝者のカネの肥え 所業無情の嘆きあり ♭shorts

祗園精舎の鐘の声、

諸行無常の響きあり。

娑羅双樹の花の色、

盛者必衰の理をあらは(わ)す。

 

ぎおんしょうじゃのかねのこえ

しょぎょうむじょうのひびきあり

しゃらそうじゅのはなのいろ

じょうしゃひっすいのことわりをあらわす

 

議員勝者のカネの肥え

所業無情の嘆きあり

インボイスの紙の色

弱者必衰の屍を顕す

 

先日、下記の記事で、世間の関心が『インボイス制度』に向け高まってくると、これらの連中が湧いてくると書いた。

  • 財務省の御用政治家
  • 財務省の御用学者
  • 財務省の御用マスコミ
  • 財務省の御用芸能人.etc

blog.dbmschool.net

 

しかし、予想に反して早くも先週あたりから、ヤフーニュースで消費税を擁護する「御用ライター」が散見されるようになった。結構な頻度でトピックに上がってくる。

 

おそらく、インボイスよりも先に物価高騰で世間が騒ぎだしてしまったため、火消しの需要が前倒しになったのではないか。

しかし、御用マスコミの準備はまだできていないらしい。

 

急遽登板の決まったライターは、時間が無かったのだろう。

記事を見てみると、理屈の言い換えをしている感じ。役には立たない。

 

ちなみにこの手の論述は、たとえ前提が狂っていても、立て続けに言い放ってしまえば、シロウト相手ならポジション取り(マウンティング)に成功してしまう。

 

でも、もしもこちらが理屈で屈しても、財布を開く気にならなければ、識者学者はしょせん画餅の徒。

 

一般民間人に対してはただの役立たずなので、たとえ議論負けしても萎縮する必要などない。

 

連中がやっているのはまさに机上の空論。

財布を開く気にならない、という気分こそが現実を生きる我々にとっての正解だ。