【感情会計】善意と悪意のバランスシート

善と悪の差し引き感情=幸福度

「日本をこうしたい」為政者の意思は? ♭shorts

他国に向けて攻撃兵器を発射したら国際紛争になる。

 

しかし、他国に向けて密かなる精神支配(攻撃)を施しても、バレなければ問題ない。

あくまでも「価値」を提供していると言い張れば、受け入れられている事実を元に言い逃れができる。

 

”攻撃” を受けている側の国家が、自国への攻撃に等しい行為だと認定して国際紛争が起きた例として、日本の明治期に起きたアヘン戦争がある。

 

あれは、被攻撃国だった清国が、事態を正しく問題視して、自国と自国民を守ろうとしたから起きた戦争だった。

 

為政者に人としての価値観が備わっていて、自国の安危に関する責任感を持つ場合には、武器によらない支配行為に対抗する倫理観と気概をもって政治を担当することができる。

 

どれも自民党にはない。

 

国葬を行うに値すると現総理が標榜する安倍晋三という男は、戦後……というよりも、日本国家始まって以来の、国そのものを他国のモノにしてしまう危険極まりない行為の徒ではないかと思ってしまう。

せっかく、積極財政を推進する動きを見せて見直す気になっていたというのに・・

 

「日本という国を、こうしたい」を、日本人が考えるならともかく、異国の徒が夢想するそれを手助けするなど、かつての日本でやった人間などいないだろう。おそれいったことだ。

 

安倍亡き後、電通に居た人間に検察の手が迫った。

検察庁にも、真摯に秋霜烈日の精神に殉じる正義の士はいたはずで、彼らの受け続けた屈辱を晴らすのは今。雪辱を果たすのは今だ。

 

安倍のせいでうやむやにされた事実と、ないがしろにされた正義を、今こそ満天下に示し、この国を正してもらいたい。