【感情会計】善意と悪意のバランスシート

善と悪の差し引き感情=幸福度

バイナウペイレイター(BNPL)みたいな国葬 ♭shorts

「先に買って、支払はあと」

2000年代にアメリカで不動産バブルが起きたころに一般化した言葉ではないかと思うが、とにかくこれがひどかったらしい。

 

およそ計画性が感じられない思考法

いかに投資に浮かれて過熱していたかがうかがい知れる。

 

ノーペイどころかノーインタレストで安易に不動産を売買し、凄まじく弾けた。


日本のバブル期ですら、さすがに投資者の金利負担無しまではやってなかったのじゃないだろうか? 額が半端ではないのだから。

 

今さらこんな阿呆なマネ、だれがするか?

自民党にとっては「投資」だからアリということか?

news.yahoo.co.jp

 

どうやら税金のご利用は計画的でなくても良いようで、先にやっといて後から「調べる」らしい。

それも、責任は取らず、「示す」だけと・・

 

いや、払うのは誰だと思ってるんだ?

こいつらの頭のおかしいところはそこだろう。

 

BNPLについて参考にした資料

ちなみに、BNPLについて参考にした資料はこちら⇩⇩⇩

nichigopress.jp

 

こちらの記事は、オーストラリアのBNPLについての解説だが、要は「モノを買った時のカネの払い方」だから、本質的な考え方に国の差はないといえるだろう。

 

ここから少し文章を抜粋してみると・・

 

信用がなくても気軽に利用できる

統一教会問題で信用が地に落ちた自民党にも使えるということだ。

気軽に使うなよ、税金を。

 

信用力の低い消費者が支払い能力以上の買い物をしてしまうリスクがある

表向きの予算とは比較にならない経費を隠した国葬を企画しておいて、『財政健全化』とか言うから呆れてものも言えない。

財務省が今回の金権祭りに掣肘を加えない理由がわからない。ポチに「ハウス」といえばいいだけだろうに。

 

信用審査という最低限の消費者保護策が必要なのは明らか

なぜか国民がこぞって金を出したことになってしまう『国葬』

強制的に「消費者」にされてしまうようだ。日本国民というだけで。

官房長官には、国葬とNHK視聴の区別がついてないのだろうな。

 

信用がないのは自民党のほうだ。

国民が「消費者」なら、消費者保護の観点から自民党の信用審査が求められる。

 

だいたい、政権与党の自民党が信用を取り戻す第一歩は、「統一教会との関係性を明らかにすること」なんかじゃない。

そんなことで禊が成立すると思うな。

反社霊感商法団体の解体・壊滅だ。

被害に遭ってるのは日本国民だぞ。