【感情会計】善意と悪意のバランスシート

善と悪の差し引き感情=幸福度

中学の頃から思っていた。やっぱりな、KADOKAWA ♭shorts

子供のころから五輪に一回も興味を抱いたことがないからこそ、開催に浮かれた気分にならなかった私は、当時からこの発言にはハラワタが煮えくり返っていた。

 

子供に対してこの言い草はないだろう!

とね

 

曰く「そんなクソなね、ピアノの発表会なんかどうでもいいでしょ、オリンピックに比べれば。それを一緒にするアホな国民感情‥」

news.yahoo.co.jp

 

私は中学生時代、投稿でもらえるはずだった2,000円を「廃刊になったから」という理由で反故にされたことがあって、それ以来、角川に良い印象を持っていない。

 

編集部に電話をかけたところ「担当者がいないのでわかりません」

 

中学生にとって、2,000円がどれだけ大きなものか、当時からわからぬ奴らだったのだ。

 

そういう会社に違いない。

 

いや、角川一族がやっていた時期は、そこまで人間性を失っていたとは思いたくない。

今回の夏野みたいに、商業五輪に乗るような奴らには、もはや人間性など信じられない。

 

そんなクソなね、KADOKAWAなんかどうでもいいでしょ。子供たちの気持ちに比べれば。

 

子供にとってのピアノの発表会やダンスの発表会は、単に「子供の発表会」というだけにはとどまらない。

親にとっても大事。家族にとっては一生の記憶に残る一大事業だ。

 

アスリートの気持ちと何が違う。

それに五輪なんて、しょせんは他人がやってること。

 

こっちは自分が当事者として参加している。

 

おまえも『自力』で五輪スポンサー獲得の努力してみろ。

汚いカネを積んだからこそ買えたけれど、お前のクソみたいな実力では到底獲得などできぬだろう。

 

【五輪無関心派】が、確実に【五輪嫌悪派】になるぞ。

この状況で、よもや札幌五輪などあり得ないだろう。