感情会計-善意と悪意のバランスシート

財務諸表から逆算で人心を読むテクニック

スポンサードリンク

オトコが語るファスティング3−実践派との会話において

『オトコのファスティング』と銘打って書き始めた文章ですが、こうしてみると、男女差よりも経験の有無の違いが大きい気がします。

 

女子と話すきっかけが欲しいから表層的な話題でよいというなら、つかみだけの目的としてファスティングはかなり有効ですが、ファスティングそのものの話題を掘り下げたい場合は相手を選ぶ必要があります。

 

そんな中、私の周りで女子のファスティング経験者のひとりに、ヨガのインストラクターがいて、彼女の関心は“内臓のリセット”です。歯ごたえならぬ話ごたえのある相手です。

 

内臓のリセットとはどういうことかというと、普段は消化のために大幅に使われる体内酵素が、食事を休むことによって代謝のために使われることになり、ダメージを受けている部位を修復し、機能を回復させることです。

 

体内酵素は状況によって「消化酵素」になったり「代謝酵素」になったりするけれど、大抵は消化のほうにまわされていて内臓のメンテナンスが十分に為されていないため、ファスティングによって体機能を回復したいというのが彼女の指向の中で最も強いようです。

 

むろん、添加物や残留農薬の心配のない酵素ドリンクを厳選していることは言うまでもありません。

 

カイロプラクティックの院長の関心は“腸内環境系”、ファスティング未経験でルックス重視女子の憧れは“ダイエット系”、同じく未経験で健康重視タイプの教養的関心は“デトックス系”、ヨガのインストラクターは“内臓リセット系”……と。

 

HUNTER×HUNTERで出てくる念能力の系統になぞらえて特定的なものをもうひとつ挙げるなら“食生活改善系”でしょうか。

 

ファスティングの効能はまだまだ他にもあるのですが、例えば「免疫力アップ」は“腸内環境系”の一特徴としてよいかと思うし、「感覚が鋭くなる」は“内臓リセット系”の一特徴、その他「軽やか、活動的」は体重を軸にすれば“ダイエット系”、体調を軸にすれば“デトックス系”に分類できるかと思います。