スポンサードリンク

水戸黄門史上、最も空気の読めなかった男とは?(1)

歴代水戸黄門の中で、今も心に残るスペクタクルなシリーズがあります。

 

私と同じことを感じている方は多いようで、グーグルで「水戸黄門 げんりゅう」といい加減に検索したのに一発でトップ表示されました。

 

第5部です。

1974年放映の全26回。

 

さすがにこの年だと、リアルタイムでは見ていません。

夕方にやっていた再放送で見ていました。

 

ストーリーはというと・・

 

とある藩の姫様からの直訴を受け、その国を牛耳る城代家老の悪を正すため、九州まで旅をしていく話です。

 

姫が水戸の老公の所へ駆け込んだことを知った城代家老は、姫と老公を亡き者にしようと画策します。

 

そこで送り込まれたのが最強の刺客「鉄羅漢玄竜」

「げんりゅう」という呼び名しか知らなかったのですが、正式にはこんな名前でした。

ではこの玄竜、どれくらい強いか?

 

助さん格さんといえば、敵が何人いようが脇差1本で全員を相手にできるという、信じられないレベルの達人です。

 

そんな二人と、玄竜はこのシリーズで何度も戦っていますが、1対1では勝負がつかない。

 

それだけでも充分すごいのですが、加えて玄竜は忍術も使えるので、ゲリラ戦では助格二人がそろっていても手が出せず、弥七の忍術だけを頼りに襲撃をかわすシーンなども出てきます。

 

また、弥七との一騎打ちに持ち込んでも勝敗がつかない。

 

チートキャラといえる「助格弥七」が、それぞれの得意分野を駆使しても始末のつかない敵・玄竜。

 

『歴代水戸黄門に登場した最強の敵』との評価はダテではありません。