【感情会計】善意と悪意のバランスシート

財務諸表から逆算で人心を読むテクニック

スポンサードリンク

(19)〜柘植久慶【逆撃】シリーズから『武田家3部作』

結局、自分がそばにいることを軸にした支流の作戦を練り上げ、このままだと死んでしまう武田信繁を守ることにした主人公・御厨太郎ですが、当然、山本勘助を戦死から救うプランなどは考えません。

 

醜いプライドにこだわって、あたら有能な武将を死に追いやるような輩は、将来徳川家康を倒して歴史を変えたい御厨にとって邪魔な存在です。

 

武田家をして、戦国地図を塗り替えようと画策する彼からすれば、山本勘助の歴史的英雄譚など知ったことではない。

死ぬと決まっているところで、史実のとおり死んでよいという考えです。

 

問題は長坂長閑。

 

コイツはゼビウスアンドアジェネシス(浮遊要塞)のように、窮地に陥っても何とか離脱し、次から次へと御厨の作戦の邪魔をする奴です。

 

また、川中島では筋も良く、聞き分けも良い若武者・武田勝頼も、長閑とねんごろになり下がった後はやはり御厨の前に立ちふさがり、武田家の覇権を邪魔する存在になってゆく。

 

「味方内の敵」とは、今後も暗闘を繰り広げなければなりません。