【感情会計】善意と悪意のバランスシート

財務諸表から逆算で人心を読むテクニック

スポンサードリンク

(22)〜柘植久慶【逆撃】シリーズから『武田家3部作』

総大将からの厚い信頼を得ることになった主人公・御厨太郎。

 

元々、武田信繁の推しによって早くから軍議に参加し、山本勘助や長坂長閑などには疑われつつも軍師の端くれとしてのポジションは得ていたし、優れた戦闘指揮官たちは彼に親近感をおぼえるからなのか、最初から好意的です。

 

そして、川中島での大乱戦後に反省した総大将・信玄の「御厨殿の案を採らなかったのは失敗だった」の言葉。

 

もはや、山本勘助の後釜に座ることに成功したと言っても過言ではないでしょう。

 

何せ御厨は現代の人間であり、歴史上の事実をよく知っている。

彼の言葉を重視し、その策を容れ続ければ、武田家は念願の上洛を果たし、織田信長に替わって京都に武田の旗を立てることだってできるはず……。

 

しかし、そう簡単にはいかない所が、現代のビジネスになぞらえてもリアルな展開です。

 

なぜなら……

 

私自身にも経験がありますが、こういう、有力者からの信頼厚き言葉は、到達点のように見えて、実は始めの一歩にすぎないからです。