【感情会計】善意と悪意のバランスシート

財務諸表から逆算で人心を読むテクニック

スポンサードリンク

(23)〜柘植久慶【逆撃】シリーズから『武田家3部作』

トップ(総大将)に認められたからといって、それは到達点ではなく、初めの一歩に過ぎないと前回最後に言いました。

 

「認められるとハードルが上がって、毎回高い成果を上げないとメンツが立たなくなるから?」

 

それもあるのですが、それだけではありません。

トップから高く評価され「活躍を保証される」ということは、今までよりも発言が容易になるということですが、発言内容を通すための奔走が、日常業務に追加されることでもあります。

 

それは、同じように日常業務として奔走している他の面々と、あらためて競争関係に入る段階に入ったことを示しています。

 

良い提案を求められる難しさに加えて、提案が採り上げられるための闘いが激化するのが、「認められたことによる代償」であって、「認められたら終わり」では済まない。

 

軍師じゃなきゃ意味がない。

でも、軍師というだけじゃ、やっぱり意味がない。

名刺に『軍師』という文字を刷ることが最終到達点ではないので、そこで燃え尽きる程度の野心では仕事していけません。