【感情会計】善意と悪意のバランスシート

財務諸表から逆算で人心を読むテクニック

スポンサードリンク

(36)〜柘植久慶【逆撃】シリーズから『武田家3部作』

さて、浜松城奪取を申し出て自らが実行者となった主人公・御厨太郎は、徳川方の警戒を突破するために敗軍の部隊長を装ったり、それがバレそうになると襲撃者に豹変するなど、状況に応じて変幻自在な立ち回りを演じます。

 

帰城する徳川家康の命をも狙うのですが、軍師じゃなきゃ意味がない(33)で述べたように彼は実戦段階に入ると拙速を尊ぶため、目論みが上手くいかない点はあっさりと放棄し、ひたすら浜松城の奪取だけに邁進します。 

db469buncho.hatenablog.com

 

理想上では最大級の成果であるはずの“徳川家康の捕殺”すら、帰城時の実行は困難と見るやきっぱりと諦めます。

欲張らず「次の段階への準備」へ見事な切り替えを見せたわけです。

 

武田信玄はこれらの報告を聞くのみで、戦いそのものには参加しませんが、いずれにせよ思ってもいなかった地歩の固めがなされたことで、一層に御厨を信頼するに至ります。


【中古】 逆撃三方ケ原合戦 / 柘植 久慶 / 中央公論社 [文庫]【ネコポス発送】