【感情会計】善意と悪意のバランスシート

財務諸表から逆算で人心を読むテクニック

スポンサードリンク

秋山戦術に魅力あり!! 「海軍基本戦術」「海軍応用戦術/海軍戦務」

2017年に「データベースのトリセツ(本編)」に書いた記事のアフィリエイトリンクを確認しがてらAMAZONの商品ページを見たら、『秋山真之戦術論集』が、2分冊化された文庫になっているではありませんか!

 

2005年の初版発行で姿を消した(と私は思っています)分厚いA5サイズのハードカバーは、今でも我が家に1冊残っています。

 

名著だっただけに、このまま日の目を見ずに終わってしまうのはあまりにも残念と思っていたので、文庫版での復活を喜んでいます。

2019年9月に発売ですから、まだ3か月程度といったところです。

 

タイトルから『秋山真之戦術論集』という文言は消えており、海軍大学校の講義録として使われた名称「海軍基本戦術」と「海軍応用戦術/海軍戦務」の2冊になっています。

 

このうち、「秋山真之が学生に講義した戦略」で私が説明した戦略部分の元ダネは「海軍応用戦術/海軍戦務」の中にある「戦略と戦闘の関係」というくだりです。

dbmschool.net

 

「海軍基本戦術」について書いた本編記事は以下のとおりです。
dbmschool.net

dbmschool.net

dbmschool.net

dbmschool.net

いずれも、<戦略的パワーユーザー>というカテゴリの記事ですので、ご興味のある方はご覧になってみてください。

 


海軍基本戦術 (中公文庫)


海軍応用戦術/海軍戦務 (中公文庫)