【感情会計】善意と悪意のバランスシート

財務諸表から逆算で人心を読むテクニック

スポンサードリンク

(47)〜柘植久慶【逆撃】シリーズから『武田家3部作』

御厨太郎の成功は武田軍の成功と符号を合わせ、事態は良い方へ進んでゆく。

 

防戦一方の徳川家は、わずかに本多忠勝の読みが御厨に匹敵するものの、勝ち戦に乗じた武田勢の勢いゆえか常に初動に遅れが生じ、厳しい戦いを余儀なくされます。

 

直接の戦いと併用し、計略も仕掛けなければならない。

この方面は、もっぱら服部半蔵が受け持ちます。


服部半蔵 影の軍団VOL.1 [DVD]

 

この点だけは御厨の弱みなのかもしれません。

作戦企図と戦闘に強いが、暗殺や謀略などの暗い部分を受け持つ味方が、武田軍にはいません。

 

もしいたなら、彼は有無を言わさず長坂長閑を仕留めてしまったに違いない。

御厨の相棒は、思慮深い人格者である武田信繁ですから、当然そういったことには不向きです。

 

武田家で懇意になった名だたる武将たちも、そのような影の部分を持たない御厨だからこそ、その才能をフルに発揮した正統的な戦闘手腕に敬意を払いました。