スポンサードリンク

第6回 <成果に報いるには「報酬」。では、成長に報いるには?>

前回、仕事が「自由度の高いゲーム」に近くなる条件の一例として、「魅力的な見返りがわかり易く示されている」ことを挙げました。

<中略>

ここまではゲーム(消費)と同じ感覚ですが、ゲームではこの過程でお金が入ってこないのに対し、仕事なら、ヤル気とライセンスキーでストーリーを進行させた成果に対し、お金が支給される。

 

Wordpressで展開中の

「データベースのトリセツ~人間関係はITで改善できるか」で全文を読む

dbmschool.net