スポンサードリンク

マインドマップに魅力あり!! 子供向けの本が最適な手引き②

前回記事では、四緑文鳥おすすめのマインドマップ習得本「マインドマップ(R)for kids勉強が楽しくなるノート術」を紹介し、そこで私自身が学んで身に付けたマインドマップの使い方を紹介するため、幕末の偉人・大村益次郎(村田蔵六)の履歴の概略を、文章だけで著してみました。

 

blog.dbmschool.net

 

今回は、文章の前提となった「村田蔵六の人生の図解」作成の過程を、順を追って記録していきます。

先にお断りしておきますが、私はマインドマップのエキスパートではありません。

自分が実践している方法の紹介ですので、参考程度にお考え下さい。

 

理屈抜きに好きだが、共感者と巡り合うには会話できる程度の理屈がいる

大村益次郎(村田蔵六)は好きだが、それを論理的にまとめて他の人に説明するのはツライ。

 

普通「何かを好きになる」なんて、直観とか感情が先に立って、理屈じゃないから、それを論理的に説明するにはそれなりの助けが必要なことが多いと思います。

 

たとえば好きになったのがアロマセラピーで、その後IFA国際アロマセラピストのことを知り、今はその資格を目指して勉強中とかなら、そのカリキュラム自体が他人に説明するときの道しるべになります。

 

しかし、そういうもの無しで論理を展開しようとすると、想像以上に頭の中がゴチャゴチャしているのに気づくことがあります。

「この混沌から私の『好き』が生まれていたのか」と思うと、本当に「好きになるのって理屈じゃないな」と実感します。

 

本当は、そんな頭の中の状況を、あまりいじくり回したくありませんが、同好の士との出会いには、ある程度の会話が続く程度には、頭を整理しておいたほうが良い。

 

マインドマップは、そんな場合のお助けツールにもなってくれます。

マップの描画では、中心のテーマの周りに「トピック」をいくつか並べていくことがスタートになります。

 

このときに特別な決まりは無く、中心においたテーマから直観的に思いつく事柄を、思いつくままに並べていけばよいそうです。

 

ということで、“蔵六がらみの象徴的な単語“を、思いつくままに挙げていくことにします。

たとえば

「土地」

「人」

「特に印象深いできごと」

これくらいの大雑把なくくりで、適当に単語を取り上げ、マップに置いてみます。

 

私が使っている「MindManager(マインドマネージャー)」だと、右上から時計回りにトピックが作られていきますので、時計の針に例えれば大体2時方向に伸びているところが一つ目のトピックになります。

 

・適塾と緒方洪庵

蔵六が栄達するの最大の要因は、蘭学者として名高い緒方洪庵の大阪適塾。

刻苦勉励する学友がひしめく中ですが、彼は塾頭に昇り詰めました。

適塾の塾頭は大きな藩からヘッドハンティングされるという定評がありましたが、残念ながら蔵六の時期はそういう話がなく、父からの指示で帰省を余儀なくされます。

 

f:id:db469buncho:20200502131015j:plain

masa2さんによる写真ACからの写真

 

象徴的な事象ですのでこれはマップに描画したい。

そこで、このような感じでトピックを伸ばします。

f:id:db469buncho:20200502083111p:plain

 

・宇和島藩と楠本イネ(シーボルト・イネ)

故郷で村医になっている蔵六に声をかけたのは伊予宇和島藩。

兵書翻訳の人材を求めて高名な緒方洪庵を訪ねた時に、蔵六を紹介されたようです。

 司馬遼太郎さんの「花神」では、妻のお琴が転居を拒絶したため蔵六は単身赴任となります。

ここで有名なシーボルト博士の娘・イネと出会います。

 

f:id:db469buncho:20200502131935p:plain

イネの娘 楠本高子(Wikipediaより)

 

ふたりがどんな関係だったかは不明ですが、蔵六の最期を看取った唯一の女性であり、蘭学で深く繋がる様子を、司馬さんは完全に恋人だという前提で描いています。

 

f:id:db469buncho:20200502084439p:plain

二つ目のトピックをこのように置きます。

以下、トピック名の紹介だけを書いていき、最後に全体像をお見せします。

 

・江戸

蘭学への需要が高まる中、世間は蔵六に翻訳以外の仕事を求めるようになります。

幕府からの要請で公的機関の教授になる一方、私塾を開いて生徒を募るなど、この時期の蔵六は教育者としても名高く、後に最期を共にする一生の仲間にも巡り合っています。

f:id:db469buncho:20200502131531j:plain

ancn.さんによる写真ACからの写真

 

また、彼の故郷長州藩とのつながりも、この「教育者」に邁進したことによって得られます。

 

・長州藩

平民出身で一介の技術者であった蔵六が、国家運営の一柱と言えるほどの立場になるには、よほどの人物の後押しがなければならない。

その役割を果たしたのが長州藩の高級官僚である桂小五郎。

 

f:id:db469buncho:20200502115311j:plain

百和さんによる写真ACからの写真

 

桂の政治的保護のもと、蔵六はひたすらに長州藩の軍事力を高め、幕府の長州征伐を跳ね返します。

この戦勝で幕府の屋台骨が崩れたので、この時期の長州藩に蔵六がいたことがどれだけ大きかったかを物語っています。

 

・軍事技術

薩摩藩は素晴らしい指導者に恵まれていたうえ、英国との独自外交により軍備は充実していたが、軍事司令官の人材がいなかった。

 

新政府においてほとんど唯一と言える軍事技術者だった蔵六は、旧政権の軍隊を討伐した後は、新たな日本が持つべき軍の姿を目指して将来の布石をうつステージに入っていきます。

 

f:id:db469buncho:20200502115825j:plain

えくりさんによる写真ACからの写真

 

・暗殺

大きすぎる才は強烈な個性を生み、確たる価値観は好悪の対象になりやすい。

新政府の主軸たる薩摩人の反感を買ったことが要因になったのでしょうが、蔵六はテロに巻き込まれてしまいました。

即死ではなかったものの、刺客の襲撃によって命を落とすことになります。

 

 

ここまでをトピックに落としてみると、このような見映えになります。

f:id:db469buncho:20200502091633p:plain

「適塾」「宇和島藩」「江戸」「長州藩」「軍事技術」「暗殺」と、6つのメイントピックが並びました。

これらの言葉から、それぞれから派生して広がる言葉を【サブトピック】としてを追加していきます。

 

今回はフライング気味に、メイントピックを書いている最中に3つのサブトピック(人名)を書いています。

 

サブトピックを先に書いてはいけないという決まりはないので、これも自由にやってよいのですが、1個書くと、ついついそのトピックだけ完結させようとして「思考」に入ってしまう可能性があるので、それだけは避けるようにします。

 

頭で考える作業は後回しにして、この時点ではできるだけ直観を優先し、メイントピックだけを並べていきます。

 

こうしてみると、村田蔵六について私が把握している全体像が言葉になってきます。

 

技術により身分上昇し、教育者として交流の幅が広がったことで活躍の場を得、突出した能力で偉大な功績を上げるも、それに比例する反感を買い、非業な最期を遂げた天才

 

まとめてしまうとあっさり感がありますが、これにどんな肉付けがされた結果、自分が惹きつけられたのかを描いていく大本ができあがります。

 

今回は村田蔵六ではなく、マインドマップが主題なので、肉付けする歴史的な詳細の記述は避け、結果をお見せしますが、こんな感じになりました。

f:id:db469buncho:20200502102212p:plain

 

全体像だと小さすぎてしまうので、右と左に分割して拡大してみます。

 

f:id:db469buncho:20200502101945p:plain

 

f:id:db469buncho:20200502102009p:plain


 技芸に没頭して身を立てていく中で、人との出会いによって心に彩りが加わることで、世の中に対する価値観が生まれ、それを「仕事」という形で表現し続ける。

能力の高さゆえ他人の価値観との相克が激しく、結局はその点の処世術が弱かったことで難に遭って、巨大な才能が失われるまでの物語の要素を、私がこんな具合に受け止めているという地図ができました。

 

幹がこれだけできあがっていれば、どこにスポットを当てて言葉にするかの指標ができます。

また、枝葉となる情報をどこに付けて表現すればよいかも整理されてきますので、他の人の話をするときに、挿話として使うことも可能になります。

 

 

マッピングの対象は何でもよいので、私は仕事でもこれを使います。

仕事で使う時は特に心がけているのは『完成にこだわらない』ことです。

 

趣味だったら時間をかけて細部まで突き詰めて、完璧なマップを作っても構いませんが、仕事で使う場合は、全体像の俯瞰ができ、何となくの方向性がつかめれば大体の目的が果たせるので、作りかけのマップが沢山あります。

 

途中でやめても、罪悪感を持つ必要はない。

あまり気になるなら、消去しても良いと思っています。

 

まとめ

以上、仕事にも趣味にもお役立ちのマインドマップですが、私はソフトウェアを使って描画しています。

 

最後に、ソフトウェア使用の簡単なメリットとデメリットを書いてみます。

私は「MindManager(マインドマネージャー)」を使っているのですが、ソフトによって細部が違うので、大まかな点だけをまとめてみます。

 

<メリット>

・手書きと違って書いたり消したりが簡単に行える。

一度書いたサブトピックが、別のメイントピックの下に付けるべきだなと思ったときは、ドラッグで移動可能。

・他ソフトとの連携

PDFファイル化やOfficeソフト等の取り込みや出力ができる。

 

種類や自由度はソフトによって違いますが、たとえばMindManagerでは階層構造化されたWordの文書で出力することもできるため、項目だけを描画して出力すると、充実した目次ができあがります。

計画表のレジュメづくりに使えそうですね。

 

おそらく、メリットは他にもたくさんあるのでしょうが、これだけでも充分すぎるほど役立っています。

 

<デメリット>

・画面の大きさに制限される

手書きだって紙の大きさに制限されますが、PC画面で表示の外に出てしまうとスクロールに手間がかかります。

 

マインドマップは自由な色づかいをし、さらにイラストなどの追加でその長所を存分に発揮できますが、PCでそれをやると、パッと見で全体像がつかめなくなります。

当然ですが、手書きに比べたら小回りが利かないのです。

 

・周囲にユーザーが居ないと正統性がない

生産性を高めるためにしているのに、オフィスでマインドマップを書いていると、「仕事してない」と思われることがあります

そう言って直接指摘してくれれば弁解もできますが、黙って評価されると不利です。

 

 マップそのものを発表するようなプレゼンでもあれば良いのですが、私の場合は「自分の考えをまとめる目的」が多いので、マップが日の目を見ることはほぼありません。

(そもそも書きかけで終わることが多いので見せても意味がない)

 

 

以上、2回にわたって私が実践している初歩的なマインドマップの使い方を紹介しました。

 

私はまだ、ソフトをほとんど使いこなせていないし、マインドマップも子供向けの本で自習しただけですが、それでもかなりの恩恵を受けていますので、本格的にお使いになられた方は、それに見合うだけの価値を実感できると思います。

 

興味のある方は是非やってみてください。