【感情会計】善意と悪意のバランスシート

善と悪の差し引き感情=幸福度

ガソリン代を下げない理由を考えるための補助金????

色々な人がすでに仰っていますが、しみったれた補助金を交付し、それがガソリン価格に転嫁するとして、消費者にとってどれほどの効果があるというのか? 1リットル当たり3.4円の支給を受け、そのまま価格に転嫁(値下げ)しても、企業にとって何のメリッ…

ジャストアンサー(JustAnswer)は『マイクロソフトとは関係がない』が ”ジャスト” な ”アンサー” だ

私が昨日遭遇し、利用はしなかったものの「これはどうかな?」と思った話・・ Microsoftのオフィスソフトに不具合があり、アンインストールしてしまった。 プロダクトキーは手元にあるものの、「アレ、再インストールはどうするんだっけ?」 初回インストー…

カネで買う『相対強者』のポジション

金融所得増税について、一旦は形(なり)を潜めた首相が、またぞろ怪しげなことを言い始め、株式投資をしている層が警戒感や不満を表明しているようです。 すべては「弱いヤツが悪い」ってことに? どんなに逃げても追いすがってくる増税妖怪 恐怖と苦しさの…

ゼロならば税抜きで売ればいいだけ(って言ってたっけ。ブレないなぁ…このヒト)

朝からさわやかな消費税否定が行われたようですね。 森永卓郎さんによって。 www.chunichi.co.jp 昨年3月にも、消費税に関する森永さんの発言がニュースになり、それを取り上げた記事を書いたことを思い出しました。 blog.dbmschool.net この記事の中では、…

まんぼうに価値はないが、まんぼうを要請する知事にはもっと価値が無い

「やってる感」に騙される人の度合いは、騙されない人たちが想像するよりもはるかに問題の根が深い。 国会で厳しく質問している地方出身議員を見て「おらが村の先生は、やっぱりすごいぞ!」と感激する地元民は想像するより多いらしい。 環境省勤務のころ、…

シロウトの国債6(債務履行の相手からまきあげると、余計に債務が増えるのではないか?)

「将来の世代に負担を先送りするなどあってはならない」 これを錦の御旗として増税や控除削減(廃止)を繰り返し、そのたびになぜか一般国民が身を切られる。 私は経験上、官庁会計と企業会計の双方を取り扱ってきた。 これまでの記事では、いわゆる複式簿記…

シロウトの国債5(建設国債に責任を持てない⇒激甚災害を招く「招き猫」は誰だ?)

数回前の記事で、国債発行額全体の中で、けた違いに額の多い【借換債】というものにふれた。 blog.dbmschool.net ニュースなどで「令和3年度の国債発行額『236兆円』」などと記されている記事と、「国債は国の借金。将来の世代に持ち越さないために・・…

はたらき者の死神(無防備な "闇” を握られると負ける)

一見、活気のある職場に潜む、根の深い問題。 生産性の名のもとに行われる ”改革” は、短絡的な解釈で勘違いを生みやすい物の一つです。 たしかに「生産性」と「利益」には相関関係がある。 しかし、”相関関係” とは全くつながりが無くても成立する関係です…

シロウトの国債4(運用を失敗したからもっと金を出せと?大丈夫かキミ・・)

借金は「貸借対照表」を併用して考える。 会計のプロが、一般人より一枚も二枚も上手な「運用者」たる所以は、そのへんにあるのだろう。 貸方に計上される額だけを強調して「破綻だ!」だの「タイタニック沈没だ!」だのと大げさに騒ぐのは、まったくの素人…

シロウトの国債3(ワニは貸借対照表に乗せると口を閉じる)

企業でも個人事業でも、借り入れを行った場合は、負債(貸借対照表の「貸方」)に対応して、必ず資産(貸借対照表の「借方」)が同額だけ発生する。 ”借金”とは「お金を借りた『額の絶対値』」として負債の部に計上され、同時に発生する ”お金” そのものは紛…

素人の国債2(”借り換え”なら「歳出」と同額の『歳入』があるはずだ)

国の借金(と財務省が言い張っている)……国債 年々積み上がる発行残高は「将来の子供たちへのツケまわしだ」と、使い途を決めているわけでもないのに、なぜか一方的に一般国民が責任を負わされ、脅されている。 令和3年度の国債発行額は当初予算ベースで2…

【Cocoonマニュアル】管理画面設定を攻略する⑦~オールドエコノミー派・終焉ノ刻

ブロックエディタの使い勝手を著しく良好にしてくれそうな「CocoonBlocks」にワクワクしたのもつかの間、ひょっとするとこれを使うためには慣れ親しんだ「旧ビジュアルエディター」を手放さなければならない雰囲気が、怪しく漂ってきた前回記事 (思えばこの…

素人の国債(債務者はムダ遣いできないが、節約もできない)

「国債は『国の借金』。将来にツケを回さないため財政健全化を図り、確実に返していかなければならない」 この財務省の主張は、長く信じられてきた。 別に、アベノミクスの手により生まれた論理ではない。 2000年以前からすでにこの考えは蔓延していた。 中…

10万円給付問題はこれで終わりではなく、今から始まる

「10万円では、困窮者救済には不十分だ」 「我々は『10万円』という金額に囚われすぎている(その選択肢しかないかのように思わされている)」 「金額だけの問題じゃない。そもそも『単発』でどうにかなるものではないのだ」 やれクーポンがどうの、所得…

世相さん12(ピッコロ大魔王政権は、まだ終わっていない)

かつて「善人の命の保証は無いが、悪人になれば命を保証する制度がある」として、当時の菅政権でやたらと喧伝された【自己責任】を皮肉った記事を書きました。 こと”生存”に関する比較でいえば「弱者<犯罪者」の式が成り立つらしい。 blog.dbmschool.net 上…