【感情会計】善意と悪意のバランスシート

財務諸表から逆算で人心を読むテクニック

スポンサードリンク

☆日記

この局面なら小池支持

印象操作に思えるなぁ・・ ビジネス上の話なら、断然私はより現場に近いほうの味方 こう並んでると、なんだか知事がわからず屋のように見えるけど、私はそう思わない。 そう思わされているだけ、だと・・ news.yahoo.co.jp news.yahoo.co.jp news.yahoo.co.j…

信念ゆえの頑固か、他の手が無いだけなのか?

官僚の声を聞き入れないのか? それとも・・ 官僚から「GOTO続行」以外の語彙を与えてもらえないのか? news.yahoo.co.jp 果たして、ただの「頑固」だけでここまでやるか? という気がします。 「こだわり」が『美学』になるには、それなりの理由が要る …

「特定業種を救う」って、誰の顔をイメージしてる?

こんばんは。感情会計エモアカの四緑文鳥です。 とうとう見直されることになったGOTO。 賛成派も反対派も、分断の大本である政府の次の一手によって、また大いに論調が変わってきそうですね。 それにあたり、1点だけ整理したいと思い、記事にしてみます…

パパから娘へ贈られた「最良の文脈」

こんにちは。感情会計エモアカの四緑文鳥です。 昨日銭湯で、パパと一緒に来ている小っちゃな女の子を見ました。 風呂上がりでソファに座るパパの膝の上で、今風の小ぶりな牛乳瓶を両手で抱えるように持ち、口の周りを白くしながらおいしそうに飲んでいる姿…

安全欲求を感じる理由は『危険だから』

国家公務員の12月賞与が”若干”下がったことがニュース記事になっているようです。 president.jp この話題は不景気になるとクローズアップされます。 好景気に、民間給与の上昇から置いて行かれることはニュースになりませんが、不景気に一定水準を保つこと…

GOTO自体が貧困?困窮?

二の太刀をサッと出せることこそエリートのプライドじゃないのか? 戦いは何が起きるかわからない。 自信を持って繰り出した一の太刀が通用しないこともある。 そんなときはすぐさま二の太刀を取り出して次の手を仕掛ける。 効き目のない技をしつこくゴリ押…

消費減税の『当事者』とは?

ヤフーニュースのコメントには「返信」というボタンがあります。 こんばんは。感情会計エモアカの四緑文鳥です。 「世相のうっぷん晴らしチャンネル」の世相さんをかばうわけでもないですが、ちょっとだけ消費税に対する私見を述べてみたいと思います。 www.…

世相さん4

こんにちは。感情会計エモアカの四緑文鳥です。 またまた「世相のうっぷん晴らしチャンネル」の流れで記事を書いてみます。 「 気づき」への価値 目隠しされていた方がラクなこと、先送りできること 気づいた後「考える」か? 感情論で片づけるか? 「自己責…

久々に動画をアップしました

こんばんは。感情会計エモアカの四緑文鳥です。 どうでもいい話ですが、ライブドアブログで連載している「【公的勇者】もしもソーサリー主人公が木っ端公務員だったら・・」の関係でYouTubeに動画を上げました。 respect68.blog.jp ゲームブックのアドベンチ…

豚野郎

こんばんは。感情会計エモアカの四緑文鳥です。 今日は12時に昼ご飯を食べ、現在20時を迎えています。 まったく、お腹が空きません。 何かを食べようという気には、なりようがない状態です。 すべて豚野郎が原因です。 お店のHPの写真を拡大しました。…

世相さん3

こんばんは。感情会計エモアカの四緑文鳥です。 またまた「世相のうっぷん晴らしチャンネル」のことで記事を書いてみたいと思います。 このサムネ画像の大臣は、まるで炎上狙いの釣りみたいな発言が多いので、ニュース記事を深く読む前にまず怒ってしまい、…

世相さん2

こんばんは。感情会計エモアカの四緑文鳥です。 唐突ですが、私は「世相のうっぷん晴らしチャンネル」のこの回の話がどうしても頭に残っていて、すでに半月以上前のものになりますが、少しふれてみます。 www.youtube.com 世相さんのことは、以前も記事に書…

今さらながら68さんの「今頃ソーサリー」

今からおよそ10年前 ふと思い出して、昔ハマったゲームブック(小説で遊べるロールプレイングゲーム)の「ソーサリー」という作品をネットで検索してみました(全4巻にわたる壮大な物語)。 // リンク 私がこれをプレイしていたのは1980年代半ば。 ま…

2度目の無水カレーはトマト缶の酸味料に邪魔されず成功

銭湯で入念に湯船につかっていたら、湯上り後の体重が1.8キロ減っていました。 500ミリリットルしかお茶を持って行かなかったことが災いし、久々に口の中に渇きを感じる現象が起きました(軽い脱水症状ですね)。 2時間くらいの間に2.3リットルの…

本編リニューアルと、それによるはてなブログの変化について

「感情を定量化する」 ⇒「定量情報から感情を読み解く」 しばらく前にワードプレスで展開している私の本編サイトを大幅に転換し、現在のタイトルは「感情会計―善意と悪意の財務諸表論」となりました。 とはいってもサイトの理念は一貫していて、会社内におけ…

Outlookの游ゴシック体がホラゲで使われそうな文字に見えてしまう件

今さらながらですが職場PCのOSがWindows10に変わり、Officeソフトは軒並み2016のバージョンになりました。 大半のファイルは従前のOSで作成したものの使いまわしなので、今のところ影響はないのですが、日々送っているメールに関しては、Outlook2016ならでは…

10万円は、2回目の給付が有ったら使う

昨日か一昨日当たりのニュースで、総務省調べで6月の消費が大幅に上向いたという記事がありました。 国民が逼塞していた5月から比較して、経済活動が動き始めたからのだから当然の結果ですが、やはり10万円の給付金が大きく影響していると思います。 結…

Twitter開始から1か月!効果は「かめはめ波を喰らった桃白白」レベルだった

この記事をアップして1か月経ちましたので、現在の状況をまとめてみます。 blog.dbmschool.net ドラゴンボールに詳しい方は、記事のタイトルだけで察しがついているかと思いますが、まあそんな感じでした。 Twitterを使いこなせていない事実を踏まえてこれが…

無言になりそうなツイッター始めました

今年の2月初めにツイッターを開設し、何もせずほったらかしにしていました。 4月初めには、カワルンさんがお書きになったこちらの記事に感化され、ブックマークして「自分も初めて見ようと思います!」的なC調(死語)コメントまで残しておきながら、手を…

研究予算示達後のノックは、やたら厳しいことがある

前回、現在修士課程1年生のコジさんの記事をきっかけに、私が研究所勤務だった頃を思い出して、私も記事を書きました。 sakanaikitsura.hatenablog.com blog.dbmschool.net ただし、当時の所長だった市川惇信先生の話に終始してしまったので、もう少し身近…

研究成果を世に役立てる学者

この記事は、もっと早く書き上げてアップするつもりだったのですが、目の調子が悪くてブログに取り掛かれなかったため本日になってしまいました。 しばらく前のことですが、こちらのブログを書いているコジさんが、以前私がリクエストした「憧れの職業」につ…

右手にマスクを左手に給付金を

政府は城之内に「右手に盾を左手に剣を」を仕掛けられているのかもしれない。 (『遊戯王』知らない方ゴメンナサイ) 自粛と企業救済生活救済と景気高揚感染防止と利権喪失防止 議論も決定も、下達も監督も、右と左の感覚を狂わされたかのごとく賢いはずの人…

官僚に不人気な国会議員2タイプ

前回、田中角栄さんに関する記事を書いたついでに、眞紀子さんについてもふれてみます。 私が初めて霞が関勤務になった頃、真紀子さんは科学技術庁の長官でした。 ちょうど在任期間の最後の時期で、数か月後には「質問される側」から「質問する側」に交代し…

「じゃないほう」の殺し文句

安倍政権に戸惑いや呆れ、失望や絶望、憎悪や怒りなどが渦巻く昨今、かつての名政治家への称賛も増えてくるのが当然といったところがあります。 田中角栄関係の記事がおもしろい スーパーエリートを一発で仕留めた角栄さんの第一声 私見:官僚が打たれたのは…

緊急事態が「ボーナスステージ」になる人たち

国のおカネの使い方の酷さが非難を浴び、政治への不信や憤りを生むニュースが、いやというほど目に飛び込んできます。 かつて自分が記事にした内容が、何とも力の無いうすら寒いものに思えてきます。 blog.dbmschool.net 今日は動画から得た秀逸な一言… 国の…

梅酒(はちみつ使用)

あえて氷砂糖を使わずに梅酒 お酒はあまり飲まないけれど、梅酒を漬けるのは好きな私は、今年もせっせと作りました。 毎年閲覧している「不老梅本舗 林圓三郎商店さん」 白砂糖が好きではないので、氷砂糖以外の手段を考えていた数年前に、蜂蜜を使った作り…

高松市役所の現場の声が、心にズーンと響いた

国政に対する思いというより、日常的なところでよく起きている問題ですが、こちらのニュースの中にある「現場の声」で身につまされるものが有ったので、記事にします。 news.yahoo.co.jp 当事者じゃない人間ほど「ドヤ顔」でモノを言う 10万円の給付金に関…

お嫁さんの抑圧と子供の抑圧を、職場で感じ取る

二十歳の頃に同じ職場にいた、ひと回りぐらい年上の女性がいました。 愛嬌いっぱいの名物お母さん的な方で、休みの日に出勤するときには小さな子供たちと一緒に現れ、お母さんしながら仕事もしていました。 ときどき私のことも子供とごっちゃになるらしく、…

ひとりだけ味方をつくるリーダー術

※「ひとりだけ味方をつくる」と銘打っていますが、味方になってしまうのはひとりではないかもしれませんので、きっかり一人だけを味方にしたい方は、書かれているとおりのことをしないでください。 「協力者」は交渉で得られるが、「味方」は交渉で得るもの…

あくまでも一般論ということですが(その2)

関係者がたくさんいて、結果として一つの事象が起きているとしても、称賛や非難は常に前面に立つ人物に集中するのが普通です。 これも現在の政治状況で起きていることですが、私たちの身の回りにも似たような事象は起きているのではないでしょうか? 矢面に…