【感情会計】善意と悪意のバランスシート

善と悪の差し引き感情=幸福度

濃厚カルボナーラふたたび

春のように暖かかった東京。

本日の歩数は3万歩強。

3、4時間は歩いていたのでかなり汗も出ました。

 

その後銭湯へ行き、風呂上がりの体重は2キロ近く減少(途中の水分補給がありつつ)。

何かと水分を失った日でした。

 

f:id:db469buncho:20210116213702j:plain

家に帰ってりんご酢の炭酸水割りを2杯飲み、食事後に緑茶を1杯。

おかわりの1杯を淹れつつ書いています。

 

キロクマニアさんの記事に触発されたディナー

本日の夕食は濃厚カルボナーラ。

キロクマニアさんの記事に載っていた誘惑度たっぷりの写真を見たときから「週末はカルボナーラ」と決めていましたので、さっそく実行しました。

kiroku-mania.hatenablog.com

 

本日参考にしたレシピはこちらです。

料理研究家/テーブルコーディネーターの松尾絢子さんという方が紹介している調理方法ですが、生クリームの使用/不使用の違いをはじめ、カルボナーラの雑学などが書かれていて面白いです。

oceans-nadia.com

 

そういえば以前も記事にしていました。まだはてなブログに引っ越す前ですが。
blog.dbmschool.net

 ビュッフェは心が沸き立つ

ちなみに、キロクマニアさんの記事で私が特に目を惹かれるのはビュッフェです。

私は小食なのでビュッフェを堪能することはできないのですが、あの雰囲気が大好き。

kiroku-mania.hatenablog.com

 

私自身はほとんど旅行をしないのですが、数少ない経験の中でも特に印象深く記憶に残っているのは、金属製の浅く平たい長方形のお皿に乗った料理が、下から温められている光景です。

あれは、ついつい時が経つのを忘れるほど見入ってしまいます。

 

小学校の時に理科の実験で使ったアルコールランプみたいなものから出る柔らかな炎(高級なホテルではもっとしっかりした熱源でしょうけど)。

f:id:db469buncho:20210116211326j:plain

調理ではなく保温に特化した熱源が惜しげもなく使われているあの雰囲気は、ビュッフェ以外ではなかなか見当たりません。

 

今はこんなご時世ですから、どこも苦労しているのでしょうが、気軽に楽しめる状況が戻ってくるといいですね。