【感情会計】善意と悪意のバランスシート

財務諸表から逆算で人心を読むテクニック

スポンサードリンク

ファスティングの副産物のひとつ

ファスティングといえば、健康効果が注目されますが、なにげに私が感じている効果のひとつに「ズボンを買う時の安心感」があります。

 

スーツのスラックスなどは、特に履いている時間が長くなるので、キツくなってしまったときのことを考えると、あまりジャストサイズのものを購入するのは心配です。

 

というか、昔は心配でした。

 

しかし、ファスティングを経験すると、「もし仮に少し太ったとしても、いつでもウエストサイズを元に戻せる」という自信が生まれる。

 

大体、ファスティングは丁寧にやれば食生活まで変わってしまうので、リバウンドすることはまずない。

 

実際、私も5年前の初ファスティング終了時からほぼ変わらず、トレーニング量が減って筋肉が減ったせいで、むしろ体重は少し減少しています。

 

それで、ジャストサイズのズボンを買うことに、全く躊躇が無い。

 

昔のように、あえて少し上のサイズを選び、ウエストに蛇腹を作りながら「いつかこの蛇腹が無くなる程度に太るまで、このズボンは履ける」などと思いながら過ごすことも無くなりました。

 

ファスティングはダイエットではありません。

しかし、行うとやせてしまうのは事実ですので、体への健康効果はもちろんですが『ズボンを買う時の安心感』が得られる精神面の健康効果もなかなか捨てがたい。

 

このところ動画作成などで時間が無く、トレーニングに時間を割けなかったのですが、これから少し力を入れて、体重はむしろ増えるように仕向けたいと思います。